呼吸器疾患・感染症

 

呼吸器疾患・感染症

呼吸器専門医の資格を有する吉野谷清和医師は、毎週火曜日の午前中に診察し、専門的な意見を提案します。 初診の方はご予約ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群は、夜間睡眠時に呼吸が止まってしまう病気です。夜間の酸素不足から、日中に居眠り、集中力低下、倦怠感など症状がでます。また、睡眠時無呼吸症候群のかたは夜間の酸素不足から、血圧の異常、心血管系の異常がでてきます 睡眠中の無呼吸はなかなか気づかれにくいので、潜在する患者さんが多いといわれています。高血圧患者さんを検査してみると約半数に病気が存在したという報告もあります。

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群は、自宅で簡単に検査できます(予約制)。 自宅に検査機器を持って帰っていただき、手の指や鼻の下にセンサーをつけ、普段と同じように寝ている間に検査をします。いびきや呼吸の状態、指の酸素飽和度から睡眠時の無呼吸の頻度、時間を判定します。重度の場合はこの簡易検査で診断がつきます。軽度から中程度の無呼吸があれば、病院で1泊する精密検査にすすみます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

経鼻的持続陽圧呼吸療法「CPAP(シーパップ)療法」

睡眠時無呼吸症候群では、もっとも一般的で効果の高い治療法です。鼻にマスクを装着し、マスクにCPAP装置から空気を送り、その圧力で気道を開く治療です。 睡眠時無呼吸症候群の患者さんがCPAP治療をすると、高血圧、心臓病の危険が半分に抑えられたと報告されています。俳優の高橋英樹さんが使用していることも有名です。

マウスピース

歯科装具(マウスピース)をつけて、下あごを上あごよりも前方に出すように固定して上気道を広げて、いびきや無呼吸を防ぎます。軽症~中等症のかたに効果があります。

外科的治療

アデノイドや扁桃肥大が原因である場合は、摘出手術が有効な場合があります。適応があればご紹介します。