発熱のある方は来院前にお電話ください。建物に入る前にインターホンを鳴らしてください。

糖尿病外来(リブレのご案内 2020年11月)

リブレセンサー 上腕の外側につけます。

新しい測定器リブレは指先を傷つけることなく、体内の糖の変化が分かります。測定器をセンサーに近づけるだけで数値が表示されます。
センサーは2週間つけっぱなしで、防水仕様なのでつけたまま、入浴やスポーツができます。

平成29年秋より保険診療で使用できるようになりました。はじめは、血糖測定の補助として認められていましたが、今年の4月からは、指での測定が必須ではなく、リブレが使用できるようになりました。

リブレ測定器 数値とグラフが表示されます。

保険診療でリブレが使えるのは、インスリン治療中で、下記に当てはまる方です。

保険診療でリブレが使える人
  • 1日4回インスリン自己注射をしている方
  • 1日2回混合型インスリン自己注射していて、過去に1日4回インスリン自己注射をしたことのある方
  • 定期的に通院し、リブレを外来に持ってくることのできる方

リブレは、かざすだけで糖の数値がわかります。1日に何度も測定して、センサーが足らないかたにおすすめしています。
また、持続的に測定しているので、糖の変動がよくわかります。

リブレセンサーをおすすめする方
  • 低血糖になることが多い方、低血糖に入院したことのある方
  • 血糖の変動の大きい方
  • 1日2回以上血糖を測定していて、センサーが足らない方。
  • 指を傷つけたくない方。
  • 血糖は良いのに、HbA1cが高い方
  • 血糖の変動が知りたい方

センサーは粘着テープでくっつくので、テープにかぶれて使えない方もいます。
皮膚の敏感な方にはおすすめしません。

ただ、メーカーのアボットさんもテープかぶれが少ないよう改善したものに、この秋から順次変えていくそうです。

ご希望の方は 糖尿病担当の小山にご相談ください。
診察時間は月・水・木・土(第2土曜は休)の午前中です。

当日在庫がない場合は取り寄せになります。ご了承ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる