発熱のある方は来院前にお電話ください。建物に入る前にインターホンを鳴らしてください。

フットケア

当院の看護師長はフットケア指導士の資格を有し、2014年より透析患者様全員に個々に応じたケアプランを作成して、透析中に足の観察、フットケアをおこないます。また、靴の選び方、中敷きなどご家庭での足のケアについても指導いたします。

フットケアの内容

[timeline]
[tl label=’STEP.1′ title=’ベッドサイドで処置’] 爪切り、角質の除去、胼胝(たこ)や爪白癬(みずむし)などの処置を行い、保湿剤や角質軟化剤を塗布します。
また、足の血流が低下している方には、血圧に注意しながら、高濃度炭酸泉浴も行っています。[/tl][tl label=’STEP.2′ title=’ベッドサイドで記録’] 観察項目はipadに入力し、写真をとります。ipadを用いたフットケア管理システムは当院独自で開発したもので、学会発表や雑誌などで報告しています。[/tl][tl label=’STEP.3′ title=’生活指導’]

患者様の生活指導に、ipadを用いて写真を見ていただくことによって、患者様の足への関心が高まります。[/tl][/timeline]

[say name=”師長” img=”https://sennanshinge.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/DSC00147-e1503633489810.jpg” from=”right”]透析患者さんは特に足を大事にしなければいけません。普段気にしなかった方も足への意識が高まったとの声をいただいています。[/say]

当院のフットケアが専門誌に紹介されました。<透析ケア 12月号 2016 vol.22 no.12>
となりのフットケア

[kanren id=”3143″]

目次
閉じる