発熱のある方は来院前にお電話ください。建物に入る前にインターホンを鳴らしてください。

透析室のコロナ対策

目次

透析室のコロナ対策

〇 スタッフ、患者様すべてマスク着用。

今年の春、コロナが流行の初め、全国でマスクが不足し、医療施設も入手困難でした。
なんとかマスクを全員分入手してお配りし、院内での着用をお願いしました。
このころは、まだ不慣れな方もいましたが、理解してくださり、いまは100 %の装着率

透析の間をお互いに気持ちよく過ごせています。

〇 広いベッド間隔

ベッドとベッドの間は、透析クリニックとしては広くとっていて最低150 cmはあります。

周りからの感染を防ぎ、また、看護師がケアしやすいようになっています。

コロナの流行初期は、透析の時間を調整してベッド間隔は 2m以上を確保しました。

何人かの方には透析時間の変更をお願いしましたが、皆さま快くご協力いただきました。ありがとうございます。
(現在は150cmに戻しています。)

〇 換気と消毒の徹底

3時間毎に、窓を開けての換気、手すりなどの共用部分の清拭消毒を徹底しています。

〇 来院前の体温測定 

透析の患者様は、来院前に体温測定をお願いしています。スタッフも勤務前に必ず検温しています。

熱があったり、風邪の症状などある方は、他の方と接触しないように来院できるよう時間を調整します。

お互い安心して過ごすため、ご理解どうぞ宜しくお願い致します。

〇 発熱時の対応

感染用の個室

発熱や感染症の症状のある方は自宅にて安静待機し、感染対策のため、時間を調整して個室で透析します。

院内感染を防ぐため、スタッフはガウン、ゴーグル、手袋着用します。

医師の判断で必要であれば、コロナやインフルエンザの検査やCT検査をします。
急を要する場合は専門の病院で診察や検査を受けていただきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる