第2回 透析災害教室

 

第2回目の透析災害教室を11月9日と15日に2回に分けて開催しました。
多数の患者様、ご家族様にご参加いただきありがとうこざいました。

まず、小河原栄養士が、用意しておきたい避難食について、実物をたくさん用意して説明しました。

 

 

メーカー様から頂いたサンブルも皆様にお持ち帰りいただきました。避難食として販売されているものだけではなく、サトウのごはんやカロリーメイト、シーチキンなどの缶詰なども常備しておくとよいですね。

次にみんなでキッチンペーパーで簡易マスクを作りました。

災害時には粉塵がまったり、また、感染予防のためにマスクが必要となるので、手近な紙で作る方法をやってみました。
そして、高木部長による講義『大災害、その時どうするの②』です。

災害時の行動と連絡方法について確認しました。その後 ” 災害クイズ” で勉強内容を確認しました。 今回の” 災害クイズ” は好成績な方が多く、なんと満点をとられた方もいらっしゃいました。成績優秀者は院長より表彰状をお渡しさせていただきました。
透析患者様が災害時にも安心できるよう、しっかり備えて行きたいと思います。