リウマチ・膠原病

リウマチと膠原病

関節リウマチ、膠原病の原因は、免疫の異常です。

この分野は、近年、抗リウマチ薬、免疫抑制剤、生物学的製剤などの治療薬の開発が進み、早期発見、早期薬物治療によって病状の進行を抑えることができるようになりました。

当院院長は、40年以上これらの疾患の診療に関わり、専門医・指導医の資格を有しています。
かつては、指の小さい関節一つ一つに注射をして、関節炎の進行を抑制していました。
最近は治療薬の進歩により、内服薬で病勢はコントロール可能となりました。院長は、新しい生物製剤の開発にも関わった経緯もあり、リウマチ膠原病に関し深い知識と経験を持っています。

生物製剤も多種取り揃えており、現在約30名の方に使用しております。

また、近畿大学医学部付属病院・膠原病リウマチ内科の協力があり、若手医師が毎週外来と透析の応援体制を敷いています

当院に通院されている免疫疾患

  • 慢性関節リウマチ
  • リウマチ性多発筋痛症 (PMR)
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)
  • 多発筋炎/皮膚筋炎
  • 強皮症(全身性硬化症)
  • 乾癬
  • 強直性脊椎炎  仙腸関節炎 など免疫による各種関節炎
  • シェーグレン症候群 (歯科、眼科と連携あり)
  • 結節性多発動脈炎 ANCA関連血管炎 などの血管炎
  • ベーチェット症候群