かかりつけ医

かかりつけ医とは

最近、大きな病院は専門外来に特化し、診療所は、初期の治療や、慢性疾患、生活習慣病などの治療の役割を持つように、病院と診療所との機能が分けられるようになってきました。

診療所で気軽に健康相談できる医師をかかりつけ医といいます。かかりつけ医は、病状に応じてふさわしい専門病院や入院できる病院をご紹介する窓口となります。

また、大きな病院の専門外来に数カ月毎に通院しながら、診療所で病状を専門病院と連携して治療することも可能です。

身近なかかりつけ医と専門病院を症状に応じてうまくつかい分けると、健康管理に役立つばかりではなく地域の病院の混雑を緩和し、地域医療も向上させます。

当院は、科にかかわらず時間をかけてお話を聞き、丁寧に答えます。かかりつけ医として役立てると自負しています。