アレルギー

アレルギーとは

アレルギーとは、反応しなくてもよい物質に必要以上に免疫反応が起こってしまう状態です。過敏症ともいいます。原因物質に接触して数分で症状が出るものを即時型アレルギーといい、アレルギー性鼻炎/花粉症、蕁麻疹、食物アレルギーなどの病気があります。

アレルギーの診断・検査

原因物質を特定するためにもっとも重要なものは、問診です。
症状がでる季節や時間帯、症状のでる場所、動物との接触の有無、食べ物の摂取歴です。また、1つの原因だけではなく、特定の食べ物を食べて運動した場合や、特定の食べ物とアスピリンなどの薬を同時に摂取した場合に起こる、特殊なアレルギーもあります。

アレルギーの検査は、血液検査で原因との思われる項目に対するIgE抗体を測定します。保険診療では1回で13項目まで検査でき、項目は問診で原因と考えられるものを選びます。結果は、0~6までのスコアで数値が高いほどアレルギーが強くなり、アレルギーの反応の程度も分かります。また、一度に39種類の検査ができるセットもあります。

アレルギーの治療

1.原因物質を避けること

アレルギーは原因物質に触れなければ症状は起こりません。このため、原因物質を特定し、その物質を避けることが一番の治療です。ハウスダストでは掃除を徹底し、花粉ではマスクや眼鏡を用い、洗濯物も外に干さないようにしましょう。

2.薬物療法

内服薬や点眼、点鼻薬で、症状を抑えます。また、スギ花粉とダニに対するアレルギーは、原因物質を毎日少しずつ体内にいれて体を慣れさせ、その物質に対する過敏性を減らす治療(減感作療法)ができます。ただし効果がでるまで、1~3年以上のかかります。スギ花粉やダニがアレルギーの原因物質であるとはっきりと分かっていて薬で症状を抑えられない場合に行います。