泉南新家クリニック JR 新家駅から徒歩3分。  ☏ 072-480-0008

そろそろ透析といわれた方へ

透析とは

腎臓の働きが通常の働きより5%くらいに低下すると、人工透析療法が必要となります。人工透析とは、腎臓の代わりをするものです。
人工透析には2つの方法があります。血液透析と腹膜透析です。現時点では大多数(90%以上)の患者様が血液透析を受けています。

血液透析は、1週間に3回、決まった時間に病院に通院して、約4時間寝ている間に機械につながって治療を受けます。治療では、針を血管に2か所刺し、血液を体から人工腎臓に循環させて治療します。あらかじめ、血液を多くとれるような太い血管を作る手術を受けておく必要があります。

シャント手術

腎臓の機能が落ちてきてすぐに透析を始めることは出来ません。血液透析では1分間に200ml程度の血液を体外循環するため、身体から血液を取り口を作る必要があります。多くは、前腕の皮下で静脈と動脈をつなぐ手術をし、血液の流量の多い血管(内シャント)を作ります。静脈の細い方では人工血管を使うこともあります。血液がずっと良好にとれるよう良い手術を受けることが大事です。当院ではシャントを造設の専門施設と連携しています。病院までは当院から送迎サービスが利用できます。

外来透析導入

腎臓の機能がいよいよ落ちてしまった場合、シャント造成の手術を受けに行きます。そして、シャントの状態がよければ翌日から人工透析を始めることも可能です。当院では外来で透析を始めることが出来ます。患者様の体調によりますが、はじめは体の負担にならないよう、1回1~2時間で頻回(週3回以上)のスケジュールで開始します。人工透析は、腎臓の代わりに身体の水や老廃物を取り除きます。透析が始まると呼吸の苦しさやダルさが徐々に改善します。 また、食事も透析前より制限が少なくなり楽しめるようになります。

透析をできるだけ遅らせるための保存療法

腎臓の働きは、さまざまな病気で悪くなります。多くの方は糖尿病、慢性糸球体腎炎、腎硬化症(腎臓の動脈硬化)が原因です。
腎臓病の進行を防ぐにはまず病気の原疾患の治療が大事です、また、残っている腎臓の機能を守るための治療や食事指導も当院では行っています。そろそろ透析といわれてから十数年、透析に至らずに過ごしている方もいらっしゃいます。
透析導入をできるだけ遅らせるような外来治療、食事・生活指導はこちら。