フットケア

当院では、看護師長がフットケア指導士の資格をもっています。
2014年より透析患者全員を対象にフットケアをおこなっています。
患者様個々にケアプランを作成します。
靴の選び方、中敷きなどの指導も行います。

透析中に、爪切り、角質の除去、胼胝(たこ)や爪白癬(みずむし)などの処置を行い、保湿剤や角質軟化剤を塗布します。
また、足の血流が低下している方には、血圧に注意しながら、高濃度炭酸泉浴も行っています。

ipadを用いたフットケア管理システムを当院独自で開発しました。
ベッドサイドで、ipadで足の画像の変化をみていただいて、ご家庭でのフットケアを指導します。
足への意識が高まったとの声をいただいています。


当院のフットケアが専門誌に紹介されました。<透析ケア 12月号 2016 vol.22 no.12>
となりのフットケア